指定したエリア内でのみWi-Fiを自動でオンにする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

データ通信量を節約しようと自宅などのWi-Fiを活用している人は多いでしょう。いちいちWi-Fiをオン/オフするのは面倒なので「エリア連動Wi-Fi」が便利ですが無くなってしまったので、自動化アプリ “Wi-Fi Matic – Auto WiFi On Off” を使うことにしました。

エリア連動Wi-Fiとは?

Android 4.4 KitKatを搭載したAndroidスマートフォンには「エリア連動Wi-Fi」と言う機能が標準で搭載されていました。この “エリア連動Wi-Fi” 機能は、ユーザーが指定した特定エリアに入ると、自動的にWi-Fiがオン(有効)になると言う優れものです。

しかし、Android OSがバージョンアップしAndroid 5.0 Lollipopとなると、Wi-Fiの消費電力が改善されたことから “エリア連動Wi-Fi” を使用しなくとも「消費電力は大きく変わらない」との理由から残念ながら削除されてしまいました。

エリア連動Wi-Fiの利用目的が「消費電力を抑えたい」と言うのであれば無くなっても問題ないですが、「特定の場所のみでWi-Fiを使いたい」など別の理由で利用してた人にとっては不都合が生じるでしょう。

参考 Wi-Fiが利用できるときのみWi-FiをONにする「エリア連動Wi-Fi」を使う方法

アプリで機能を再現する

無くなってしまった “エリア連動Wi-Fi” と同等の機能を持つアプリとして “Wi-Fi Matic – Auto WiFi On Off” があります。このアプリは自宅や会社など利用したいWi-Fiを登録しておくことで、登録したWi-FIの近くに居るときのみ自動でWi-Fiをオンにして接続してくれます。

アプリ Wi-Fi Matic – Auto WiFi On Off – Google Play の Android アプリ

注意点として、エリア(場所)の検出方法が「基地局から得られる情報」を元にしているようなので、格安SIMなどのデータ専用SIMを利用していると、基地局からのデータを取得できないことから「自動でオンにならない」と言ったように、アプリが正常に動作しないことがあります。

参考 格安SIMでGPSの測位ができない問題の解決方法

Wi-Fi Maticの使いかた

事前に登録したいWi-Fiに接続しておきます。
参考 スマホからWi-Fiに接続する方法
  1. アプリを起動しウィザードより『次へ』をタップします。

    Wi-Fi Matic「起動」

  2. Step 1より “Wi-Fi Maticの有効化” にチェックをつけて『次へ』をタップします。

    Wi-Fi Matic「有効化」

  3. Step 2より “接続中のWi-Fi” に間違いが無いことを確認し『次へ』をタップします。

    Wi-Fi Matic「Wi-Fiの登録」

  4. Step 3より表示された内容をよく読み問題が無ければ『完了』をタップします。

    Wi-Fi Matic「登録完了」

Wi-Fi Maticの使い方は以上です。

不特定のフリーWi-Fiを利用せずに、自宅や会社など「特定のWi-Fiしか使わない」と言う場合には、不要な接続を防ぐ目的でも利用できます。

参考 スマホで特定のWi-Fiに自動接続しないようにする方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事