Inbox by Gmailでメールに署名をつける方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

パソコンで使用するメールでは当たり前の「署名」ですが、スマートフォンで使う際にはつけない人が多いようです。署名をつける方法は簡単ですので是非つけてみましょう。

Inbox by Gmailとは?

Gmailに変わる「Inbox by Gmail」を使ってみる」を参照してください。

署名とは?

メール本文の最後に付ける送信者の氏名や連絡先などを記載したものです(以下例)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 署名 太郎
 --------------------------------------------------------
 〒160-0023 東京都○○区××1-2-3
 TEL:XX-XXXX-XXXX
 MAIL:○○○@https://shnk38.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ビジネスの場で使われることが多いですが、プライベートのメールでも付けている人がいます。ガラケーでEメールをすることの多かった日本人には馴染みが少ないかも知れません。

設定のやり方

  1. Inbox by Gmailアプリの左上にある”メニューアイコン”をタップします。
    Inbox by Gmail「メニューアイコン」
  2. サイドメニューが表示されたら、「設定」をタップします。
    Inbox by Gmail「サイドメニュー」
  3. 登録済みの「メールアドレス」をタップします。
    Inbox by Gmail「メールアドレスごとの設定」
  4. 設定項目が表示されますので「署名設定」をタップします。
    Inbox by Gmail「設定項目」
  5. 署名を「ON」にし、メール本文の最後に追記する”署名”を入力します。
    Inbox by Gmail「署名設定」
  6. 以上で設定は完了です。

Inbox by Gmailにおける署名の注意点

Inbox by Gmailでは署名を設定してもメール作成時には署名が表示されませんが、送信時に付与されていますので受信者には表示されます。
Inbox by Gmail「送信側のメール」Inbox by Gmail「受信側のメール」

メールの作成時に署名が”ついているか/ついていないか”は判断できないので気をつけましょう。

まとめ

メール作成時には署名が表示されないので、ビジネスとプライベートで署名を使い分けている場合は注意が必要です。一度、自分自身にメールを送信してテストしてみると良いと思います。

参考 Gmailに変わる『Inbox by Gmail』を使ってみる

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事