読み込めない “QRコード” を読み取る方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

たくさんあるのにいまいちピンとこないアプリと言えば『QRコードリーダー』ですが、ようやく最強のアプリを探し当てることができました。

これまでのQRコードアプリ不満点

読み取りが遅い

QRコードリーダーを使っていて読み取りが遅くてイライラする時があります。多くはQRコードが小さかったり不鮮明だったりするのでQRコードリーダーアプリの責任ではないんでしょうが、それでも『読み取らなければならない』と言った状況ではどうしようもありません。
また、雑誌などに印刷されたQRコードを読み取るのに、歪んでいたり斜めになっていたりすると読み取ることが出来ない場合も多いです。

QRコードを読み取らなければならない

QRコードリーダーはその名の通り リーダー(読み取り機) なので、印刷されたQRコードや画面に表示されたQRコードを 読み取る 必要がありました。しかし、QRコード自体をメールなどのメッセージ機能を使って貰った場合は QRコードを表示させる 行為と QRコードを読み取る 行為の両方を一度に行うことができないので読み取ることが困難でした。

QRコードの作成

QRコードリーダーには QRコード作成機能 が無く、QRコード作成アプリには QRコードリーダー機能 が無いアプリが多く存在しています。できればQRコード関係はQRコードアプリ1つですべてを賄えると便利です。

QRコードアプリの決定版

QRコードに絡む機能は、このアプリを入れておけば大丈夫だと言うのが 公式QRコードリーダー”Q” です。

ダウンロード&インストール

公式QRコードリーダー”Q”はAndroidアプリとiOSアプリ(iPhoneなど)があります。

アプリ 公式QRコードリーダー”Q”デンソーウェーブの無料QRアプリ – Google Play の Android アプリ

特徴

読み取りが早い

とにかく読み取りが速いの一言に尽きます。これだけでも使う価値があるでしょう。QRコードやバーコードにカメラを向けた瞬間に読み取りが行われるのでピントを合わせる間もなくアッという間に読み取り完了します。

どんなQRコードにも対応

通常のQRコードリーダーでは読み取りにくい 小さいQRコード でも同じように読み取ることができます。また、読み取る際に自分の影が重なったりする状況でも読み取ることができます。

QRコードの読み込み

印字されたQRコードの読み取りだけでなくQRコードの画像を 電子データのまま読み込む ことができます。インターネット上にあるQRコードをスマートフォンの内部ストレージに保存すれば、保存したQRコードの画像データをアプリで読み込んでQRコードを読み取ることができます。

QRコード作成機能

優秀なQRコードリーダーであるのと同時にQRコード作成機能も持っています。作成できるのは URL、テキスト、連絡先、場所、履歴 です。

まとめ

公式 と呼んでいるのは、そもそもQRコードはデンソーの開発部門(現デンソーウェーブ)が開発したものだからです。『公式QRコードリーダー”Q”』は株式会社デンソーウェーブとアララ株式会社が共同開発しているものなので、まさにQRコードの 公式アプリ です。

参考 スマホアプリを使わずにQRコードを読み込む方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事