ネットを使わずに目的地へたどり着く方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家

目的の場所へ向かう際、スマートフォンのマップを頼りにしている人も多いでしょう。しかし、震災の多い日本では
「インターネットが使えない」ことも考えておかなければいけません。

震災時には使えない?

東日本大震災など大きな災害時には「電車が動かない」「道路も常に渋滞していて車も動かない」「ネットも電話も輻輳して満足に使えない」と言ったことが起こります。そのため、自宅まで「徒歩で帰った」と言う人も多いようですが、電車などの公共機関で通勤している人は「道がわからない」「どっちに行けば良いかわからない」と言うことになるでしょう。

そんな時は、スマートフォンのマップを使えば簡単に調べることができますが、災害時にはインターネットが輻輳や障害などによって使えない場合も多いです。また、長時間スマートフォンを使用するためにはバッテリーの使用を最小限にする必要があります。そのため、インターネットを必要としない手段も用意してくと良いでしょう。

目的地の方向を指し示す

マップによる詳細な地図が無くとも、方角さえわかれば自宅などの目的地に近づくことが可能です。付近までくれば、見知った土地なのでマップが無くとも行動が可能でしょう。

スマートフォンに搭載されたGPSを用いると、現在地と目的地の位置情報から向きだけを知ることができます。もちろん、いちいち計算するのは面倒なのでアプリ “かならず帰る” を使うと便利です。

かならず帰る「起動」

アプリ かならず帰る – Google Play の Android アプリ

アプリ “かならず帰る” の使いかた

あらかじめアプリをダウンロードすることはもちろんですが、自宅など “帰りたい場所” を事前に登録しておく必要があります。

目的地の登録

  1. アプリより「+」をタップします。

    かならず帰る「新規登録」

  2. 表示された地図より『目的地(帰りたい場所)』をタップします。

    かならず帰る「帰りたい場所の表示」

  3. 表示された吹き出しより『新規 クリックして登録』をタップします。

    かならず帰る「帰りたい場所の登録」

  4. 登録画面より『場所の名前』を任意に入力します。

    かならず帰る「帰りたい場所の名前を入力」

  5. リストに追加されます。

    かならず帰る「帰りたい場所の登録完了」

目的地を示す

  1. アプリを起動したら登録済みの『目的地(帰りたい場所)』をタップします。

    かならず帰る「帰りたい場所の登録完了」

  2. 画面にコンパスが表示され “方角” と “距離” が表示されます。

    かならず帰る「起動」

アプリ “かならず帰る” の使いかたは以上です。

災害時はもちろんですが、ショッピングモールなどの駐車場で “マイカーの駐車場所” を登録したり、旅先で “ホテル” や “観光地” などの登録しておくと何かと便利です。特に、海外ではモバイルネットワーク回線の利用料金が高かったり、Wi-Fiが使えない場合も多いので便利に使えるでしょう。