LINEのトーク画面で “無料通話” や “ボイスメッセージ” を防止する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

LINEのトーク画面でメッセージを送信する際、誤って無料通話ボイスメッセージをしてしまうことがありますが、設定することでこれを回避できます。

デフォルトがなぜか”無料通話”や”ボイスメッセージ”

LINEのトーク画面の送信ボタンはメッセージを入力しないと、デフォルトで1対1のトークは”無料通話”、グループのトークは”ボイスメッセージ”を実行するようになっています。
使い勝手を考えて、そうなっているかもしれませんが誤タッチなどで”無料通話”や”ボイスメッセージ”を実行してしまうことが多々あります。
これは設定によって”メッセージの送信”にすることができるので必要に応じて替えておきましょう。

トーク画面の送信ボタンを”メッセージの送信”にする

  1. LINEのトーク画面を開き、”送信ボタン”をロングタップします。
    LINE「送信ボタン」
  2. すると、メニューが表示され、送信ボタンの動作を選択することができるので「送信」をタップします。
    LINE「送信ボタン動作の選択」
  3. 以上で、ボタンタップ時の動作を”メッセージの送信”に変更することができました。

まとめ

この設定は、全体の設定では無く、各トークで設定する必要があるので気をつけてください。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事