LINEが提供する『LINE Payカード』の魅力とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

LINEが、決済サービスLINE Payに紐付けて利用することができるプリペイドカード『LINE Payカード』を発表しました。合わせて2016年03月24日より新ポイントサービス『LINEポイント』の提供も始まりますが、魅力的なポイントがありました。

LINE Payとは?

LINE Pay加盟店での決済やLINEの友だちへ送金ができるサービスです。決済は、クレジットカードを登録するか、銀行口座もしくは近くのコンビニやATMからチャージして行います。

LINE Payカードとは?

JCBとLINEの協業により発行されるプリペイドカードで、LINE Payに紐付けてチャージや支払処理が行われます。

クレジットカードのようなプラスチックカードが発行されるので、LINEアプリ内だけでなくコンビニやスーパーなど国内外のJCB加盟店約3,000万店舗で使用することができます。

クレジットカードでは無くプリペイドカードなので審査などは必要なく誰でも持つことができます。

LINEポイントとは?

LINE Payカードの発行に合わせて、『LINEポイント』サービスが新設され、利用金額100円ごとに2ポイントと還元率2%の高還元率でポイントが貯まっていきます。

貯まったポイントは1ポイント=1円で、1000ポイントからLINE Pay残高に交換可能です。また、指定の銀行口座への出金することができます(いわゆる現金化)。

ちなみにLINEフリーコインは『LINEポイント』へ統合されます。

サービスの魅力

LINE Payカードの魅力は何といってもJCB加盟店で使用できるという点でしょう。新設されるプリペイドカードやポイントシステムのほとんどは、サービス開始当初は加盟店が少なく利用できる店が少ないのが難点ですが、LINE Payカードの場合には既に存在するJCB加盟店にて使用できるので、サービス開始当初から多くの店舗で利用することができます。

加えて、LINEポイントは100円で2ポイントと他のポイントシステムに比べて高還元率で、多くのポイントシステムが100円で1ポイントや1,000円で10ポイントなど還元率は1%止まりであるのに対して、還元率が2%に届いているのは魅力的です。また、100円で2ポイントなので、少額の買い物であってもポイントが付きやすくポイントを貯めやすい傾向にもあります。

まとめ

チャージはコンビニからもできるので、クレジットカードを登録する必要もなく手軽に始められるでしょう。個人情報漏洩が心配だと言う人はコンビニチャージから始めてみても良いかもしれません。

参考 『dポイントカード』の作り方とdアカウントへの登録方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事