LINEの『無料通話』と『LINE Out』の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

メッセンジャーアプリであるLINEはテキストメッセージだけでなく、音声による通話も可能になっています。しかし、LINEで可能な音声通話はLINEユーザー宛には無料である『無料通話』と有料だが電話番号宛にかけられる『LINE Out』の2つがあることをご存知ですか?

『無料通話』とは?

概要

LINEユーザー同士で通話をすることができるサービスです。完全にデータ回線を用いて通信されるので、“通話” と言うよりは『チャット』と言った方がイメージがしやすいかもしれません。

“無料通話” の文字通り通話にかかる費用は発生しませんが、データ通信で行われるためデータ通信量が消費されるので制限に注意が必要です。

使い方

  1. LINEの友だちリストより『通話相手』をタップします。

    LINE→友だちリスト

  2. ダイアログより『無料通話』または『ビデオ通話』をタップします。

    LINE→友だちリスト→詳細

無料通話のやり方は以上です。

LINEの無料通話は1対1だけでなく複数人(グループ)での通話も可能です。

参考 LINEアプリ単体で複数人による無料グループ通話が可能になった

『LINE Out』とは?

概要

いわゆるIP電話を利用してスマートフォンの通話料を最大95%OFFにできるサービスです。月額基本料・初期費用・接続費用は『0円』で、携帯電話(ガラケー)と同様にクリアな音声で利用できるとされています。

IP電話であるため相手はLINEユーザーである必要が無く携帯電話・スマートフォンの電話番号(090/080/070)はもちろん一般加入電話(固定回線)へ電話をすることも可能です。

IP電話はデータ回線を用いて通話を行う仕組みですが、相手がIP電話で無い場合には途中から通常の電話と同様の方式(回線交換方式)を利用するため、災害時の利用は避ける方が良いでしょう。

使い方

  1. LINEの “その他” より『Call』をタップします。

    LINE→その他

  2. 通話より右上の『連絡先アイコン』をタップすると、スマートフォンの連絡先から通話相手を選択することができます。LINE上で “無料通話” が可能なユーザーは無料通話が優先され、それ以外のユーザーは “LINE Out” での通話となります。

    LINE→LINE OutLINE→LINE Out

  3. また、連絡先に登録されていない電話番号へかけたい場合には『ダイヤルアイコン』をタップします。

    LINE→LINE Out

LINE Outのやり方は以上です。

どちらの方法も基本的にはデータ通信回線(LINE Outは一部)を用いるので、回線品質に大きく影響を受けます。そのため、通話品質が悪いと感じたら混雑していない時間や場所へ改めると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事