スマホの通信速度をリアルタイムに測定する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

格安SIMなどの普及によって通信速度を測定するのが流行っていますが、3GやLTEなどのモバイルネットーワークは常時同じ速度が出るわけでは無く、場所や周囲の混雑具合など状況に応じて大きく変化します。そのため、どれくらいの速度が出ているかをリアルタイムに測定してみるのも良いかもしれません。

リアルタイム計測

速度測定をするアプリは各所から数多くリリースされています。しかし、ほとんどのアプリが用意されたサーバーから大容量のデータをダウンロード(アップロード)することで通信速度を測定するかたちなので「計測している時点」での速度は判明しますが、その速度が継続するわけではありません。特にスマートフォンの通信に使われる “3G” や “4G(LTE)” などのモバイルネットーワークは、利用状況によって速度が大きく変わってしまいます。

そのため、通信速度が気なるのであれば、リアルタイムに通信速度を測定できるアプリを利用すると良いでしょう。

アプリ 通信速度メーター Data Stats – Google Play の Android アプリ

通信速度メーターの使いかた

初期設定

アプリを起動すると設定画面が表示されます。設定は好みですが “通信速度の単位” は『kbps』にしたほうが他のデータとの比較がしやすいです。

Xperia X Compact→通信速度メーター Data Stats→設定

参考 インターネット回線の速度測定結果は『PING』に注目しよう

メーターの見かた

通信速度メーターは、画面上部(デフォルトでは右上)に常時表示され、ネットワークの利用状況にあわせて視覚的にわかりやすくメーターが増減します。メーターは左(赤)が “アップロード速度” で、右(青)が “ダウンロード速度” となっています。

Xperia X Compact→通信速度メーター Data Stats

また、ゲーム起動時などフルスクリーン表示している際には設定によって消すこともできるので邪魔になることはないでしょう。

注意点

頻繁に「落ちる」と言う場合には、メモリ開放系のアプリ(または機能)が働いている可能性があるので、除外設定をオススメします。

参考 スリープ時にLINEやメールのプッシュ通知が受信できない場合の対処方法

また、通信速度メーターは “オーバーレイ” によって、他のアプリの上に重なる形で表示されます。そのため、他アプリのインストール時や許可設定時に警告ダイアログが表示される場合があるので注意してください。

参考 スマホで “画面オーバーレイを検出” と表示された時にやるべきこと

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事