スマホの “Androidデバイスマネージャー” を設定する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

Androidスマートフォンでは “Androidデバイスマネージャー” と呼ばれる機能が備わっています。しかし、一部機種ではデフォルトでオフになっていることがあるので確認しておきましょう。

Androidデバイスマネージャーってなに?

Androidデバイスマネージャーとは、パソコンなどの別デバイスからAndroidスマートフォンを操作することのできる機能です。操作できると言っても当然に何でもできるわけでは無く “現在地の場所を確認する” や “ロックする” や “初期化する” などができます。

このAndroidデバイスマネージャーは、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアから販売されている一部の機種ではオフ(無効)になっていることがあり、いざ使おうと思っても使えなかったりするので確認しておきましょう。

機能の性質上、Googleアカウントが他人に使われると「自分の居場所を特定される」などの不都合が発生する可能性があるので注意してください。

Androidデバイスマネージャーを設定する手順

Android 6.0.1 Marshmallowを搭載したXperia X Compactを例としています。他の機種では項目名など異なる場合があります。
  1. 設定より『ロック画面とセキュリティ』をタップします。

    F5321→設定

  2. ロック画面とセキュリティより『機器管理機能』をタップします。

    F5321→設定→ロック画面とセキュリティ

  3. 機器管理機能より『Androidデバイスマネージャー』を設定します。

    F5321→設定→ロック画面とセキュリティ→機器管理機能

Androidデバイスマネージャーを設定するやり方は以上です。

Androidデバイスマネージャーをオンにすれば、紛失したスマートフォンの場所を探したり、誰かに使われないようロックや初期化をする目的で使用することができます。

参考 スマホを紛失?パソコン等からAndroidスマホの場所を特定する方法
参考 ロック解除できなくなったAndroidスマホを初期化する方法

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事