スマホの “有料アプリ” や “アプリ内課金” は機種変更したらどうなるのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コイン

スマートフォンにダウンロード&インストールできるアプリには “有料” と “無料” の2つがあります。機種変更の際、無料アプリはダウンロード&インストールをし直せば良いですが、有料アプリやアプリ内課金はどうなるのでしょう?

無料アプリと有料アプリ

Android OS(Xperiaなど)やiOS(iPhoneなど)を搭載したスマートフォンではアプリと呼ばれるソフトウェアをダウンロード&インストールすることで、使える機能を増やすことができます。これらのアプリはGoogle PlayやApp Storeなどのマーケットアプリから入手するのが一般的で、無料アプリはもちろんお金を支払って購入する有料アプリもあります。

Google Play→有料アプリ

無料アプリは何度ダウンロードしても無料ですが、有料アプリの購入やアプリ内課金をした場合には、再ダウンロードや機種変更した際にどのような扱いになるのかを頭に入れておいたほうが良いでしょう。

有料アプリの取り扱い

有料アプリとは、ダウンロードする時点で料金が発生するアプリを指します。

Android OSの場合

Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンなどからGoogle Playを経由して購入した有料アプリは、本体では無く本体に登録されているGoogleアカウントに紐付きます。

Google Play→有料アプリ

このため、1度購入したアプリは「同じGoogleアカウントを登録した端末(スマートフォン/タブレットなど)」であれば、再度の購入をすること無くダウンロード&インストールできます。これは、機種変更はもちろん2台以上の端末(スマートフォンとタブレットなど)であっても、同じGoogleアカウントを登録していればダウンロード&インストールできます。

iOSの場合

iOSを搭載したiPhoneやiPadの場合でも、App Storeを経由した有料アプリに関しては本体では無く本体に登録されているApple IDに紐付きます。

iPhone→App Store

このため、前述したAndroid OSと同様に1度購入したアプリは「同じApple IDを登録した端末(iPhone/iPadなど)」であれば、再度の購入をすること無くダウンロード&インストールでき、機種変更はもちろん2台以上の端末(iPhoneとiPadなど)であっても、同じApple IDを登録していればダウンロード&インストールできます。

Android OS←→iOSの場合

前述したとおり、有料アプリは “Googleアカウント” 及び “Apple ID” に紐付きます。このため、Android OS(Xperiaなど)で購入した有料アプリをiOS(iPhoneなど)でダウンロード&インストールすることや、逆にiOSで購入した有料アプリをAndroid OSでダウンロード&インストールすることは原則的に不可能となります。このため、別のOSへの機種変更は注意が必要です。

アプリ内課金の取り扱い

スマートフォンやタブレットでダウンロード&インストールできるアプリの中には「ダウンロード&インストールは無料だが一部に課金が必要になる」と言ったアプリがあります。これはアプリ内課金と呼ばれスマホゲームなどでは良く使われている手法です。

アプリ内課金の場合には、前述した有料アプリと同様に考えて差し支えは無いですが、アプリ内で購入したデータ(アイテムなど)はGoogleアカウントやApple IDではなく専用アカウント(ゲームアカウントなど)に紐付くことが多いです。この専用アカウントは “Googleアカウント” や “Apple ID” でも利用は可能ですが、アプリによっては “Facebookアカウント” や “Twitterアカウント” を利用できる場合もあります。

課金の支払は原則としてGoogleアカウントやApple IDによって行われます。

この場合、「Android OSからiOSへ機種変更」「iOSからAndroid OSへ機種変更」した際でも、あらかじめ登録した専用アカウント(GoogleアカウントやApple ID以外)によって適切な引継ぎができるのであれば、課金によって入手したデータも引き継げる可能性があります。ただし、そもそも他OSへの引継ぎをサポートしていないアプリもあるので注意が必要です。

アプリ内課金の取り扱いに関してはアプリによって異なるため、仕様を確認した上で自己責任で引継ぎを行ってください。
スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事