日本語入力システム『ATOK for Android』をXperiaのPOBox風にカスタムする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

XperiaシリーズにはPOBoxと呼ばれるIME(日本語入力システム)を使用することができますが、Xperia以外のスマートフォンやタブレット用に『ATOK for Android』を購入したのでPOBox風になるよう設定してみることにしました。POBoxに使い慣れた人にはオススメです。

『ATOK for Android』とは?

株式会社ジャストシステム(英語:JustSystems Corporation)が販売するIME(日本語入力システム)アプリです。ジャストシステムと言えば『一太郎』と呼ばれるワープロソフト(Wordのようなもの)が有名で、パソコン歴の長い人であれば知っている人も多いソフトウェア企業です。

ATOKは、もともとはパソコン用のIMEとして登場し、長い歴史の中で日本語の変換能力には定評がありファンが多い製品です。そのATOKのAndroid版が『ATOK for Android』です。

『ATOK for Android』の使い方

ATOK for Androidは初期設定が必要です。「使えない」「起動しない」と言う場合には、きちんと初期設定を完了させましょう。

Google Playより『ATOK for Android』をダウンロード&インストールします(有料アプリ)。
アプリ ATOK (日本語入力システム) – Google Play の Android アプリ

初期設定の手順

  1. インストールしたアプリを起動し『ATOKを使える状態にするには』をタップします。

    Android→ATOK→初期設定

  2. “ATOKを使える状態にするには” より『[言語とキーボード]を開く』をタップします。

    Android→ATOK→初期設定

  3. 言語と入力より『ATOK』をオンにすると、注意ダイアログが表示されるので、内容を良く読み問題が無ければ『OK』をタップします。

    SO-02G→設定→言語と入力→ATOKSO-02G→設定→言語と入力→ATOK→警告

  4. “ATOKを使える状態にするには” に戻り『[入力方法の選択]を開く』をタップします。

    Android→ATOK→初期設定

  5. キーボードの変更ダイアログより『日本語(ATOK)』を選択します。

    SO-02G→設定→言語と入力→キーボードの変更ダイアログ

  6. 任意の入力欄をタップすると表示される “利用許諾契約書” の内容を良く読み問題が無ければ『同意する』をタップします。

    SO-02G→LINE→入力欄Android→ATOK→初期設定

  7. ATOK for Androidが起動できるようになります。

    Android→ATOK→初期設定

初期設定は以上です。

POBox風に設定する手順

そのままでも充分に使えるATOKですが、長いことXperiaのPOBoxを使ってきたので「使いにくい」と感じることが多々ありました。特に “フラワータッチ入力” は独特な入力方法であり、これに慣れてしまうと逆にPOBoxが使いにくくなってしまう恐れがあります。幸いにもATOKは細かい設定が可能なので、できる限りPOBoxに近づくように設定してみました。
参考 XperiaのIME “POBox” を使いこなす方法

  1. アプリを起動し『詳細な設定』をタップします。

    Android→ATOK→初期設定

テンキー

  1. 設定より『テンキー』をタップします。

    Android→ATOK

  2. テンキーの “入力方式” より『フリック入力』を選択します。

    Android→ATOK→テンキー

  3. テンキーより『ケータイ入力の有効化』をオンにします(チェックを付ける)。

    Android→ATOK→テンキー

詳細な設定 → テンキーの設定は以上です。

QWERTYキーボード

  1. 設定より『QWERTYキーボード』をタップします。

    Android→ATOK

  2. QWERTYキーボードより『切り替え時は英字』をオフにします(チェックを外す)。

    Android→ATOK→QWERTY

詳細な設定 → QWERTYキーボードの設定は以上です。

キーボード共通

  1. 設定より『キーボード共通』をタップします。

    Android→ATOK

  2. キーボード共通より『スペースは半角で出力』をオンにします(チェックを付ける)。

    Android→ATOK→キーボード共通

  3. スマートフォン本体がキャリアモデルの場合、キーボード共通の “携帯電話事業者の選択” より『該当キャリア』を選択します。

    Android→ATOK→キーボード共通→キャリア

    正しいキャリアを選択しないと絵文字などが正常に表示されないことがあります。そのため、海外版のSIMフリーモデルなどでは “その他(絵文字なし)を選択することをオススメします。

詳細な設定 → キーボード共通の設定は以上です。

その他にも細かい設定が可能なので、気に入らないポイントがあれば、少しづつ変更していく事をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

おすすめ記事
おすすめ記事