Amazonアプリのアップデートがおかしいので調べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

先ほどAmazonアプリのアップデートの通知が来たんですが、Google Playからでは無く、Amazonアプリ上でありました。

amazon-apk-update1

ちょっと変な感じになっちゃってます。

ありとあらゆる権限

アプリが必要としている権限が多岐にわたっています。お買い物アプリにこれだけの権限が必要なのでしょうか?
amazon-apk-update2

レビューを見てみるとAmazonが提供するゲームやアプリをダウンロードさせるためだと言う事みたいですが、私はAmazonアプリにそこまで求めていませんし、Google PlayがあるのでAppのダウンロード先が複数に分かれるのは好きになれません。

対処法

こうなってくると、もうこのアプリは使えません。アップデートせずとも継続して使えるようですが、再インストールする際に面倒ですので使わない方向に持っていくしか無いです。

WEBブラウザでアクセスする

別にアプリを使わなくてもブラウザから直接Amazonにアクセスすれば問題ありません。もともとアプリを使っていたのも「存在するから」使っていただけで無いのであればブラウザからアクセスでもかまわないでしょう。
また、Amazonで購入する際にはパソコンから使用したほうが良いとも思っています。詳しくは「Amazonでクーポンを探してお得に買い物する」を参照してください。

別のアプリがあるのでそれを使う

この記事が本当に書きたい内容がこれです。私の端末にインストールしてあったAmazonアプリは、もともとGoogle Playでインストールしたものでした。なので、Google Playの方ではどういう状態になっているのか調べてみたら、アプリが削除されているみたいで表示されませんでした。
その代わりに次のアプリが存在しています。これがもともとあったものなのか、これを期に公開されたものなのかはわかりません。

アプリ Amazon ショッピングアプリ – Google Play の Android アプリ

ショッピングアプリの名のとおり、ショッピングに特化しているのだろうと思ったら、これまでと何も変わりませんでした。まぁ、逆に言えばこれまでどおり使えると言ったところでしょうか。ただ、レビューを見る限り不具合が多いようなので様子見のほうがいいでしょう。

こだわらないならブラウザを使ったほうが良い?

アプリの機能(通知など)を使わないのであればブラウザからアクセスしたほうが良いかもしれません。ショートカットを作ればアプリと同じようにワンタップでアクセスできますし。

Amazonに限った話では無いですが、バージョンアップを重ねるにしたがって使い勝手が悪くなって行くのはスマートフォンアプリの宿命なのでしょうか。残念でなりません。

スポンサーリンク

シェアする