Amazonアプリで2,000円クーポンを貰った【2015年10月】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グラフ

Amazonから「アプリの自動アップロードができないから手動でアップデートしてね。あと、2,000円のクーポンあげるよ」と言われて絶叫したのものの、ちょっと使い道に困りそうです。

対象者にはメールが届く

今回の2,000円クーポンの対象者にはメールでその旨が伝えられているので、メールが来た人は自分でわかると思いますが、Amazonのアプリを利用しているにメールが届かない人はちょっとした訳があります。

Amazonアプリには2種類ある

Android端末に“Amazonアプリ”をインストールしている人は多いと思いますが、2種類あるのをご存知でしょうか?

AmazonアプリAmazonショッピングアプリ

白いのが「Amazonアプリ」、青いのが「Amazonショッピングアプリ」です。2つのアプリは、両方ともAmazonの商品を購入できるという点では同じですが、白い「Amazonアプリ」はAndroidアプリの購入も可能な「Amazonアプリストア」のアプリとなっています。

今回、クーポンの対象となっているのは白のAmazonアプリです。

白い「Amazonアプリ」はAmazonアプリからダウンロードできます。

青い「Amazonショッピングアプリ」がGoogle Playからダウンロードできます。

過去にはもう1種類あった

ちなみに、2種類と言いましたが、実はAmazonアプリはもう一つオレンジ色の「Amazon appstore」と言うアプリがあります。

amazon-apps

このアプリは、Androidアプリのストアアプリとして機能しているアプリです。私も詳しくは把握していないのですが、AmazonがAndroidアプリの取り扱いを始めた初期には、このオレンジ色のアプリが使われており、このオレンジの「Amazon appstore」が現在の白い「Amazonアプリ」に変わっているものと推測しています(記憶があいまいです)。

ちなみにちなみにBlackBerry OS 10.3には、このオレンジ色の「Amazon appstore」がインストールされてAndroidアプリのダウンロードが容易にできるようになっていますので、BlackBerryユーザーには、このオレンジ色の「Amazon appstore」が見慣れているかもしれません。

記憶を掘り起こしながら書いていますので、正直ここまでくるとどれがどれだか判らなくなっています。間違いがありましたらご了承ください。

2,000円のクーポンが使えるのはAndroidアプリストアのみ

今回、白いAmazonアプリのアップデートに伴い、自動アップデートができないとのことで手動でのインストールになっています。その手間賃なのか2,000円のクーポンが付与されたわけですが、この2,000円のクーポは以下のような条件付きで使用ができます。

Androidアプリストアのお買い物にご利用いただける2,000円分のクーポン

要するに、配布されたクーポンは有料の“Androidアプリ”または“アプリ内課金”にしか使うことができません。もちろん、有料アプリを購入するという人であれば2,000円のクーポンは素敵なプレゼントですので、お間違えの無いようにしてください。

私はAmazonの商品ならどれでも使えると思ってぬか喜びしてしまいました。

Fireタブレットで2,000円のクーポンが有効活用できそうです。詳細は「Amazonプライム会員なら『Fireタブレット』の購入を検討してみてはいかがでしょう」を参照してください。

AmazonアプリでダウンロードしたアプリはAmazonアプリが必要

AmazonアプリのAndroidアプリストアで購入したアプリを起動するためにはAmazonアプリが必要になります。AmazonアプリのAndroidアプリストアに掲載されているアプリは、そのほとんどがGoogle Playにもあるわけで、後で再インストールする際にどちらからダウンロードしたかわからなくなってしまいます。
そのわずらわしさから、私は当初AmazonアプリからダウンロードしていたAndroidアプリはすべてGoogle Playからダウンロードし直してしまいました。

まとめ

Androidアプリストアだけとは言え2,000円分のクーポンは大盤振る舞いです。Googleもそうですがアメリカの企業は太っ腹です。

スポンサーリンク

シェアする